消費者金融のおまとめローンを利用する2つのメリット

消費者金融のおまとめローンを利用する2つのメリット

おまとめローンを利用する時は低金利の銀行カードローンを選んだ方がいいと言われていますが、最近では消費者金融のおまとめローンも充実しています。特にアイフルは2種類のおまとめローンがあるので消費者金融の中でも人気があります。そこで消費者金融のおまとめローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が可能

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するためのローンなので普通にキャッシングをする時より審査に時間がかかる事が多いです。しかし消費者金融のおまとめローンは金利が高く設定されているため審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。それで複数の業者からの借り入れを早く一本化する事が出来ます。

・審査の可決率が高い

銀行カードローンのおまとめローンは審査が厳しくて落ちてしまう事もよくあります。それで複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来ない場合もあります。しかし消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンのおまとめローンより審査が厳しくないので可決率が高いです。審査の可決率が高いと複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来る可能性も高くなるのでメリットになります。

カードローンの特徴と魅力について

多くの人が利用しているカードローンですが、最近ではメディアなどでもよく取り上げられていて利用しやすいという特徴があります。カードローンを利用する場合には、メリットの大きい商品で、キャッシングとは異なると言えます。カードローンとキャッシングの違いなどを理解して利用する事が肝要です。

カードローンの大きなメリットとしては、利便性が優れていることです。融資枠内であれば、借り入れや返済を繰り返せる事が出来る事も大きなメリットですが、お金を借りる行為になるのですが、カードローンでは、毎月一定額を返済するので、計画を立てやすい事も良いポイントです。

つい借りすぎてしまう事や計画を立てずに勢いで借りてしまいどうする事も出来なくなるなどが計画を立てやすい特徴から困らずに済むと言えます。コンビニATMでも利用できるので利便性が良い事も忘れてはいけないポイントです。

コンビニは生活しているなかで多く利用する場所なので、コンビニでも利用出来るのは大きなメリットと言えます。融資枠が大きい事もメリットで、自身のライフスタイルに合わせてカードローンを利用出来るので、多めに必要な場合も安心です。資金の利用用途が自由で、審査が早い事も良い点です。

審査が早い事はスムーズにカードローンを利用する上で大事な事です。ストレスなくカードローンを利用できるので多くの人が利用している理由とも言えます。カードローンを利用するときはメリットが多いのですが、計画的に利用すると良いです。

キャッシングの利用限度額を増やしてもらうには

キャッシングでは年収の三分の一までという総量規制に基づいた限度額のほかに、消費者金融の業者がそれぞれ独自に設定をしている利用限度額という借入可能額の上限があります。この消費者金融の業者が独自に設定をしている利用限度額については、その設定基準は消費者の年収などの属性や過去の借り入れの返済状況などとなっています。

そのため、同じ年齢の人であったとしてもキャッシングでどのくらいの金額までを借りられるかはそれぞれ違ってくるのです。キャッシングの場合、原則としてまだその消費者金融の業者からお金を借りた回数が少ない人ほど最初に設定をされる利用限度額は低くなるといわれています。

ただし、キャッシングの利用限度額については定期的にお金を借りて、きちんと期日に返済をしていくことで実績を積むことができるのである程度の期間が経過したのちには利用限度額を引き上げてもらうことも可能になっています。

無利息サービスのある銀行カードローン

ネット銀行の老舗であるジャパンネット銀行の口座をお持ちの方がカードローンをお探しなら、ジャパンネット銀行カードローンが便利です。キャッシュカードをそのままローンカードと利用できるため、家族にバレにくいところもグッドです。また平日14時までに全ての契約手続きが完了すれば、即日振込み融資が受けられる点も見逃せません。

さらにジャパンネット銀行カードローンは、初めての借り入れ日から30日間利息を支払うことなく利用できるのが最大のメリットです。しかしその分上限金利は消費者金融と同じく年18%です。ですからですから1回こっきりで期限内で全額返済するつもりなら、大変メリットがあるカードローンだと言えます。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

銀行でも総量規制を意識した会社が出てきている

銀行は基本的に総量規制の対象外ですから、収入の3分の1を越えても問題なく貸付をしてきてくれるわけではあります。

ですが、近年では総量規制を意識した動きというのも銀行には出てきているようです。

みずほ銀行では、既にカードローンに関して年収の3分の1以下に抑えるように取り組んでいるということで

銀行であっても総量規制を意識し始めていえるところはあります。

また、そのほかの銀行も総量規制以下に抑えることを検討しいているところも多く存在しているようで、銀行であっても

借入が厳しくなる時代がもうすぐやってきそうです。

ですが、この動きは消費者にとってはいいことでしょう。 そもそも総量規制は借金を増やさないために行っているものなのですから

借金が増えるよりも減ったほうが消費者にとってもいいことのはずだからです。