キャッシングの審査では何を審査するのか

キャッシングの審査では何を審査するのか

キャッシングを利用するためにはキャッシング業者の審査を受けて、その審査に通らなければなりません。審査に通過して初めてキャッシング業者の融資を受けることができるのです。

キャッシングの申込時には、「20歳以上の安定した収入のある人」という条件がついています。20歳以上というのを確認するために身分証明書などの提出をもとめられます。これは決まりですからどうしようもありません。問題は「安定した収入」が何を意味しているかです。この部分がキャッシング業者の審査の目的と言っていいのです。

「安定した収入」とは融資を実施するキャッシング業者からみて、キャッシング申込者が融資したお金を利息をつけて返済できる能力があるかどうかを判断する作業なのです。

大手の消費者金融と中小の消費者金融の比較

消費者金融はアコムやプロミスなど大手とノーローンなど中小があるのでどちらを利用した方がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手の消費者金融と中小の消費者金融を比較してみる事にしましょう。

大手の消費者金融はWEB完結申込、無利息サービスなど利用者がメリットになるサービスを提供しています。それでサービス面に優れている点がメリットになります。中小の消費者金融はサービス面ではあまり充実していませんが、柔軟な審査をしてくれるという特徴があります。大手の消費者金融は過去に金融事故などの経験があると審査に落ちてしまいますが、中小の消費者金融は現在を重視するので過去に金融事故などの経験があっても現在がしっかりしていれば審査が可決されてキャッシングをする事が出来ます。比較してみるとサービス面は大手の消費者金融、柔軟に審査をしてくれるのが中小の消費者金融という結論になります。

提携ATMの手数料が無料になっている2つの銀行カードローン

キャッシングをする時はコンビニに設置されている提携ATMを利用するとすごく便利です。しかし提携ATMを利用してキャッシングをすると1回ごとに手数料が発生してしまうので負担が大きくなってしまうのが問題点です。それで手数料が無料の自社ATMを利用したりする人もいますが、銀行カードローンだと提携ATMが無料で利用する事が出来る場合があります。

大手銀行でも一番有名な三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは提携ATMの手数料が無料になっています。低金利で即日融資にも対応しているのでオススメの銀行カードローンです。また新生銀行カードローンレイクも提携ATMの手数料が無料になっています。新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息サービスがあるので初めて利用する時にオススメの銀行カードローンです。この2つの銀行カードローンは提携ATMの手数料が無料なのでキャッシングをする時はどちらかを選ぶといいでしょう。

早めの返済を心がければキャッシングの利息は怖くない

皆さんもご存知のようにキャッシングというものは金利が高いことで有名です。たしかに即日融資が可能なキャッシングでは、申し込みの手続きをした当日中に融資を受けられる点が魅力なのですが、返済時に元金と合わせて支払う利息の負担は決して軽いものではありません。

キャッシングで借りた金額にもよりますが、返済が完了するまでに発生する利息の総額は無視できない金額になってしまうことも少なくはないのです。ただし、キャッシングの利息の負担を軽減させる手段がないわけではありません。

早めの返済を心掛けていれば決してキャッシングの利息は恐れるような金額にはならないのです。キャッシングでは利息の計算を日割りでおこなっているので、お金に余裕があるときに早めに全額を返済してしまえば、発生する利息を大幅に減らすことが出るのでキャッシングを利用した後はできるだけ速やかに返済を終えてしまうようにしましょう。

キャッシングは即日で可能であるのか

キャッシングサービスにおける即日性というのは今では当たり前のようなことになっています。それはそうなのですが何も絶対というわけではないです。確認できることが確認できないとさすがに次の営業日に、ということもありますから、その点をよく理解しておいたほうがよいでしょう。

例えば在籍確認などができない土日やそもそも振込みの処理が完了しないこともあるのです。ですから、土日に申込みをして、いざ融資してもらうことができた、となっても振り込みは月曜日に、ということもありえるわけです。

ですが、自動契約機などであればその場で現金が出て来ることができるので、そうであれば基本的には問題はないことになるでしょう。ですから、土日などに即日で借りたいのであればそうした店舗にいくようにしましょう。それができるようになりますとまず安心できるようになります。持っていくものとしては身分証とか携帯電話などの利用明細などになります。

住所が明確にわかり、そしてそれを細かく証明できるようなもの、ということが多いです。少なくとも身分証はないと話にならないので注意しておきましょう。

借りる額にもよるのですが、収入証明なども必要になることがあります。

キャッシングの本人確認の必要性

お金を借りる場合にはやはり身分証明などが求めれます、店舗や有人などいる所では説明などしてわからないことまで教えてもらえますが近年ではインターネットなどの普及によりネットでお金を借りることができるようになりました。

しかし借りることはやはり身分証明書がないと貸してもらえないので揃える必要があります、一般的には運転免許証があれば良いですが免許証がない人もいますのでそれに変わるパスポートなどあれば良いです。
それも持っていない人は健康保険証と住民票をセットにすれば大丈夫ですし、外国人でも特別永住者証明書など合わせればお金を借りることができるのです。

このようにお金キャッシングはやはりきちんとした身分を証明するためにも身分証明書が必要であり揃えることが大切です、有人や店舗に行かなくてもインターネットで写真を送信して身分証明書を揃えることですぐさまにもお金が借りれるのでたいへん助かることも出てくるでしょう。

ただ写真を送る場合にはやはりきれいに取れている必要が出てきます、ボケたりぶれたりしていては本人確認には不適格ですので送信する場合には一度確認してきちんと写真が取れているのか見ておく必要が出てきますね。

学生のキャッシングでも定期的な収入があることが必要

キャッシングは原則としては定期的な収入があることと20歳以上という条件がありますが、保護者の許可があれば学生で20歳以下でも申し込みが可能担っています。各金融会社には学生専用のキャッシング枠のあるカードも発行しているところも多く、ネットや電話連絡でも申し込みがし易いようにはなっています。

ただ貸金業法が2010年に改正されており学生でもキャッシングは法律で利用者の年収を把握しなければならない決まりになっています。学生の場合は本人に収入があるということを証明しなければいけなくなっておりアルバイトをしていることが必須条件です。

さらに源泉徴収と給与明細が必要な書類になってくるので必ずとっておくことが重要です。、また最大でも10万円とキャッシング枠は設定されているのでそれを超えた金額は利用できないようになっています。また金融会社によってはキャッシング枠の設定がない場合もあるので利用を考える場合は事前に確認しておくことが大切です。

こういった条件になり学生の場合は審査には一定のラインが置かれるようになりました。審査が不安な場合は審査前に診断をすることが可能になっています。キャッシング診断として各社が用意しているホームページ上で利用できるツールになっていますのでおおよその結果を判断しやすいので利用してみることも大切です。

アルバイトでのキャッシング

私が初めてキャッシングを利用した時、雇用形態はアルバイトでした。当時からアルバイト、派遣社員でも申し込み可!のような記事や、実際にそれで借りている方々のクチコミなども見ていたのですが実際に不安でお金が必要になっても、なかなか申し込めずにいました。

しかし、ある日どうしてもお金がいっぱいいっぱいになり、インターネットから申し込みをしてみました。アルバイトとはいっても登録制のアルバイトで、なんならもはや無職みたいなものだったので、電話が来たときにはかなり緊張しましたし、実際しどろもどろになっていたと思います。

それでも何とか電話を終え、審査結果を待ちました。この間はさらに緊張しましたが、そもそも10万円の借入希望だったのですが、電話で20万円までいけるとの事で、そちらにしてはいかがですかと言われたので、審査はもう通ったのかな?などとちょっとドギマギしていましたが、そうこうしているうちにもう一度電話があり、借り入れができるようになりました。

正直ほとんど無職で年収もかなり低かった私が借り入れるのは無理かもしれないなぁと思っていたので、すごく助かりました。収入が低くてもなんとかなるのが、今の消費者金融なのだなと、心から安堵しました。

消費者金融のおまとめローンを利用する2つのメリット

おまとめローンを利用する時は低金利の銀行カードローンを選んだ方がいいと言われていますが、最近では消費者金融のおまとめローンも充実しています。特にアイフルは2種類のおまとめローンがあるので消費者金融の中でも人気があります。そこで消費者金融のおまとめローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が可能

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するためのローンなので普通にキャッシングをする時より審査に時間がかかる事が多いです。しかし消費者金融のおまとめローンは金利が高く設定されているため審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。それで複数の業者からの借り入れを早く一本化する事が出来ます。

・審査の可決率が高い

銀行カードローンのおまとめローンは審査が厳しくて落ちてしまう事もよくあります。それで複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来ない場合もあります。しかし消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンのおまとめローンより審査が厳しくないので可決率が高いです。審査の可決率が高いと複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来る可能性も高くなるのでメリットになります。

カードローンの特徴と魅力について

多くの人が利用しているカードローンですが、最近ではメディアなどでもよく取り上げられていて利用しやすいという特徴があります。カードローンを利用する場合には、メリットの大きい商品で、キャッシングとは異なると言えます。カードローンとキャッシングの違いなどを理解して利用する事が肝要です。

カードローンの大きなメリットとしては、利便性が優れていることです。融資枠内であれば、借り入れや返済を繰り返せる事が出来る事も大きなメリットですが、お金を借りる行為になるのですが、カードローンでは、毎月一定額を返済するので、計画を立てやすい事も良いポイントです。

つい借りすぎてしまう事や計画を立てずに勢いで借りてしまいどうする事も出来なくなるなどが計画を立てやすい特徴から困らずに済むと言えます。コンビニATMでも利用できるので利便性が良い事も忘れてはいけないポイントです。

コンビニは生活しているなかで多く利用する場所なので、コンビニでも利用出来るのは大きなメリットと言えます。融資枠が大きい事もメリットで、自身のライフスタイルに合わせてカードローンを利用出来るので、多めに必要な場合も安心です。資金の利用用途が自由で、審査が早い事も良い点です。

審査が早い事はスムーズにカードローンを利用する上で大事な事です。ストレスなくカードローンを利用できるので多くの人が利用している理由とも言えます。カードローンを利用するときはメリットが多いのですが、計画的に利用すると良いです。

キャッシングの利用限度額を増やしてもらうには

キャッシングでは年収の三分の一までという総量規制に基づいた限度額のほかに、消費者金融の業者がそれぞれ独自に設定をしている利用限度額という借入可能額の上限があります。この消費者金融の業者が独自に設定をしている利用限度額については、その設定基準は消費者の年収などの属性や過去の借り入れの返済状況などとなっています。

そのため、同じ年齢の人であったとしてもキャッシングでどのくらいの金額までを借りられるかはそれぞれ違ってくるのです。キャッシングの場合、原則としてまだその消費者金融の業者からお金を借りた回数が少ない人ほど最初に設定をされる利用限度額は低くなるといわれています。

ただし、キャッシングの利用限度額については定期的にお金を借りて、きちんと期日に返済をしていくことで実績を積むことができるのである程度の期間が経過したのちには利用限度額を引き上げてもらうことも可能になっています。

無利息サービスのある銀行カードローン

ネット銀行の老舗であるジャパンネット銀行の口座をお持ちの方がカードローンをお探しなら、ジャパンネット銀行カードローンが便利です。キャッシュカードをそのままローンカードと利用できるため、家族にバレにくいところもグッドです。また平日14時までに全ての契約手続きが完了すれば、即日振込み融資が受けられる点も見逃せません。

さらにジャパンネット銀行カードローンは、初めての借り入れ日から30日間利息を支払うことなく利用できるのが最大のメリットです。しかしその分上限金利は消費者金融と同じく年18%です。ですからですから1回こっきりで期限内で全額返済するつもりなら、大変メリットがあるカードローンだと言えます。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

銀行でも総量規制を意識した会社が出てきている

銀行は基本的に総量規制の対象外ですから、収入の3分の1を越えても問題なく貸付をしてきてくれるわけではあります。

ですが、近年では総量規制を意識した動きというのも銀行には出てきているようです。

みずほ銀行では、既にカードローンに関して年収の3分の1以下に抑えるように取り組んでいるということで

銀行であっても総量規制を意識し始めていえるところはあります。

また、そのほかの銀行も総量規制以下に抑えることを検討しいているところも多く存在しているようで、銀行であっても

借入が厳しくなる時代がもうすぐやってきそうです。

ですが、この動きは消費者にとってはいいことでしょう。 そもそも総量規制は借金を増やさないために行っているものなのですから

借金が増えるよりも減ったほうが消費者にとってもいいことのはずだからです。