月: 2020年2月

無利息サービスのある銀行カードローン

ネット銀行の老舗であるジャパンネット銀行の口座をお持ちの方がカードローンをお探しなら、ジャパンネット銀行カードローンが便利です。キャッシュカードをそのままローンカードと利用できるため、家族にバレにくいところもグッドです。また平日14時までに全ての契約手続きが完了すれば、即日振込み融資が受けられる点も見逃せません。

さらにジャパンネット銀行カードローンは、初めての借り入れ日から30日間利息を支払うことなく利用できるのが最大のメリットです。しかしその分上限金利は消費者金融と同じく年18%です。ですからですから1回こっきりで期限内で全額返済するつもりなら、大変メリットがあるカードローンだと言えます。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

銀行でも総量規制を意識した会社が出てきている

銀行は基本的に総量規制の対象外ですから、収入の3分の1を越えても問題なく貸付をしてきてくれるわけではあります。

ですが、近年では総量規制を意識した動きというのも銀行には出てきているようです。

みずほ銀行では、既にカードローンに関して年収の3分の1以下に抑えるように取り組んでいるということで

銀行であっても総量規制を意識し始めていえるところはあります。

また、そのほかの銀行も総量規制以下に抑えることを検討しいているところも多く存在しているようで、銀行であっても

借入が厳しくなる時代がもうすぐやってきそうです。

ですが、この動きは消費者にとってはいいことでしょう。 そもそも総量規制は借金を増やさないために行っているものなのですから

借金が増えるよりも減ったほうが消費者にとってもいいことのはずだからです。