カテゴリー: カードローン

学生のキャッシングでも定期的な収入があることが必要

キャッシングは原則としては定期的な収入があることと20歳以上という条件がありますが、保護者の許可があれば学生で20歳以下でも申し込みが可能担っています。各金融会社には学生専用のキャッシング枠のあるカードも発行しているところも多く、ネットや電話連絡でも申し込みがし易いようにはなっています。

ただ貸金業法が2010年に改正されており学生でもキャッシングは法律で利用者の年収を把握しなければならない決まりになっています。学生の場合は本人に収入があるということを証明しなければいけなくなっておりアルバイトをしていることが必須条件です。

さらに源泉徴収と給与明細が必要な書類になってくるので必ずとっておくことが重要です。、また最大でも10万円とキャッシング枠は設定されているのでそれを超えた金額は利用できないようになっています。また金融会社によってはキャッシング枠の設定がない場合もあるので利用を考える場合は事前に確認しておくことが大切です。

こういった条件になり学生の場合は審査には一定のラインが置かれるようになりました。審査が不安な場合は審査前に診断をすることが可能になっています。キャッシング診断として各社が用意しているホームページ上で利用できるツールになっていますのでおおよその結果を判断しやすいので利用してみることも大切です。

アルバイトでのキャッシング

私が初めてキャッシングを利用した時、雇用形態はアルバイトでした。当時からアルバイト、派遣社員でも申し込み可!のような記事や、実際にそれで借りている方々のクチコミなども見ていたのですが実際に不安でお金が必要になっても、なかなか申し込めずにいました。

しかし、ある日どうしてもお金がいっぱいいっぱいになり、インターネットから申し込みをしてみました。アルバイトとはいっても登録制のアルバイトで、なんならもはや無職みたいなものだったので、電話が来たときにはかなり緊張しましたし、実際しどろもどろになっていたと思います。

それでも何とか電話を終え、審査結果を待ちました。この間はさらに緊張しましたが、そもそも10万円の借入希望だったのですが、電話で20万円までいけるとの事で、そちらにしてはいかがですかと言われたので、審査はもう通ったのかな?などとちょっとドギマギしていましたが、そうこうしているうちにもう一度電話があり、借り入れができるようになりました。

正直ほとんど無職で年収もかなり低かった私が借り入れるのは無理かもしれないなぁと思っていたので、すごく助かりました。収入が低くてもなんとかなるのが、今の消費者金融なのだなと、心から安堵しました。

カードローンの特徴と魅力について

多くの人が利用しているカードローンですが、最近ではメディアなどでもよく取り上げられていて利用しやすいという特徴があります。カードローンを利用する場合には、メリットの大きい商品で、キャッシングとは異なると言えます。カードローンとキャッシングの違いなどを理解して利用する事が肝要です。

カードローンの大きなメリットとしては、利便性が優れていることです。融資枠内であれば、借り入れや返済を繰り返せる事が出来る事も大きなメリットですが、お金を借りる行為になるのですが、カードローンでは、毎月一定額を返済するので、計画を立てやすい事も良いポイントです。

つい借りすぎてしまう事や計画を立てずに勢いで借りてしまいどうする事も出来なくなるなどが計画を立てやすい特徴から困らずに済むと言えます。コンビニATMでも利用できるので利便性が良い事も忘れてはいけないポイントです。

コンビニは生活しているなかで多く利用する場所なので、コンビニでも利用出来るのは大きなメリットと言えます。融資枠が大きい事もメリットで、自身のライフスタイルに合わせてカードローンを利用出来るので、多めに必要な場合も安心です。資金の利用用途が自由で、審査が早い事も良い点です。

審査が早い事はスムーズにカードローンを利用する上で大事な事です。ストレスなくカードローンを利用できるので多くの人が利用している理由とも言えます。カードローンを利用するときはメリットが多いのですが、計画的に利用すると良いです。